弁護士費用について

相談料
30分 5,000円(税別)

弁護士費用には主に次の3種類があります。

着手金 事件処理の対価で,結果のいかんに関わらずお返しできない費用です。
基本的には,事件の最初に一括でお支払いいただきます。
報酬金 事件処理の結果に応じてお支払いいただく費用です。
実費 訴訟の場合に裁判所に納める印紙・切手代や,遠方の裁判所に出廷する
ための交通費・日当や,通信費など,事件処理に関して生ずる費用です。
最初に概算額をお預けいただき,事件終了時に精算させていただきます。
一般民事事件の着手金・報酬金の目安(税別)
経済的利益 着手金 報酬金
300万円まで 8% 16%
300万円を超え3000万円以下 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え,3億円以下 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

※着手金の最低金額は10万円とします。

個人の債務整理事件の着手金・報酬金の目安(税別)
着手金 報酬金
任意整理 一社3万円 減額分の10%,過払金回収額の20%
破産申立 30万円〜 なし
個人再生 30万円〜 20万円〜

※債権者数,債務額,債務者の状況等に応じて調整します。

個人のお客様は,法テラスの基準を満たす場合,民事法律扶助をご利用いただけます。

民事法律扶助についてはこちらをご参照ください。

法テラス 民事法律扶助について

離婚についての目安
着手金 報酬金
離婚交渉 20万円 40万円~
離婚調停 25万円
※交渉から受任している場合は5万円
40万円~
離婚訴訟 30万円
※調停から受任している場合は5万円
40万円~
慰謝料請求 請求額300万円以下の場合 8%
※最低金額は10万円
請求額300万円を超える場合 5%+9万円
認容額300万円以下の場合 16%
認容額300万円を超える場合 10%+18万円
婚姻費用
養育費請求
20万円 認容額300万円以下の場合 16%
認容額300万円を超え3000万円以下の場合 10%+18万円
認容額3000万円を超える場合 6%+138万円
財産分与 請求額300万円以下の場合 8%
請求額300万円を超え3000万円以下の場合 5%+9万円
請求額3000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円
請求額3億円を超える場合 2%+369万円
認容額300万円以下の場合 16%
認容額300万円を超え3000万円以下の場合 10%+18万円
認容額3000万円を超え3億円以下の場合 6%+138万円
認容額3億円を超える場合 4%+738万円
顧問料について

顧問契約に基づき個人または法人との間で継続的に行う一定の法律事務の対価です。

原則として,毎月一定額をお支払いいただきます。

当事務所では,お客様の規模・状況,受任業務,お客様のニーズ等に応じて柔軟な顧問料体系を設定しております。

《小規模事業者のために顧問弁護士がサポートできること》

あなたの事業の大きさによって,最適な顧問契約コースをお選びいただけます。
□ あなたの事業が知らず知らずに法に触れることがないように,ビジネスプランの事前のチェックを行えます。
□ 取引先(個人,会社)と交わす契約書について,事前のチェックを行えます。
□ 取引先からのクレームがあった時,トラブルの解決に向けての相談を承ります。

 

月額 無料相談(電話相談も可) 契約書等文書チェック 着手金の割引
Aコース・1万円 2時間まで 1通 3%割引
Bコース・3万円 6時間まで 3通 5%割引
Bコース・5万円 15時間まで 5通 10%割引
<顧問契約申込みの流れ>

事業ヒアリング(1時間程度(無料))
 あなたの事業についてお聞かせください。当事務所についてもお知りください。

受託・依頼確認
 双方の気持ちを確認します。

顧問契約書締結・初月分支払い確認

顧問契約開始
 安心してあなたの事業を大きくして行ってください。
 気になることは,お気軽にご相談ください。

プライバシーはお守りします。
まずはお気軽にご相談ください。
ご相談は30分 5,000円(税別)
※正式なご依頼となった場合,相談料は着手金に含まれるため,無料になります。
ページ上部へ戻る